交通事故を弁護士に依頼して訴訟して金銭的に損することはないのか?

交通事故損害賠償の訴訟には高額な弁護士費用を支払わなければなりません。そこで問題になるのは、この費用に見合う損害賠償を勝ち取ることができるかどうか、という点です。つまり判決が弁護士費用を支払って、なおかつ満足できる金額が残るか、ということです。要するに高い弁護士費用を払った場合は、それに見合う賠償金を勝ち取らなければならないのです。でも被害者側が裁判に持ち込むのは、金銭的なことばかりを考えて行動を起こすだけとは限りません。それまでの示談交渉や調停で、散々交渉を重ねてきても解決できなかったので、やむを得ず、最後の解決手段として仕方なく裁判を選ぶこともあるのです。したがってここまでくると被害者の頭にあるのは、お金の問題だけではなく、解決への執念の方が優先する場合もあるのではないでしょうか。また裁判にはもう一つメリットがあります。というのは一般的に保険会社側は裁判の判決に対しては控訴・上告をすることなく判決を受け入れて賠償金を支払うのが普通だからです。したがって解決のためには訴訟は案外早道になりますから、弁護士費用を支払っても被害者側にメリットはあると言えるのです。

弁護士に依頼する費用がなくても法律扶助制度を利用する方法がある

交通事故損害賠償の訴訟で、弁護士に頼みたくてもその費用が捻出できない方も入ると思われます。でもそうした場合でも弁護士の力を借りることを断念することはありません。お金が調達できないときは、(財)法律扶助協会による法律扶助制度を活用する道があります。これはお金がないため訴訟ができなくて困っている人に対して、訴訟費用や弁護士費用を立て替えてくれる制度で、誰でも利用できることになっています。ただし条件として「勝訴の見込みがあること」が挙げられています。とは言え、例え勝訴の見込みが少ない場合でも、和解が期待できる件に対しては、場合によっては法律扶助の対象にしてくれますので思い切って申し込んでみてください。

交通事故相談センターは無料で交通事故トラブルに関する相談に乗ってくれる

交通事故はたいていの場合、予期しないとき起こるものです。それだけに何の備えもなかった被害者としては、誰かに相談したくなることが多いのではないでしょうか。とは言え突然のことだけに、いったい誰に相談を持ちかけていいのか判断がつかないのではないでしょうか。そんなときに役立つのが交通事故相談所です。交通事故に遭って被害者が困るのは、加害者側が示談交渉に応じてくれなかったり、仮に応じてくれたにしても誠意が乏しく、ろくな補償をしてくれないような場合ではないでしょうか。また交渉をしようにも「損害賠償請求のやり方が分からない」とか「自賠責や任意保険の知識がない」ないなど、様々な疑問、不満、悩みなどを抱えている人は多いと思われます。そうした人は迷わず、交通事故相談センターを利用することをおすすめします。
交通事故相談センターは交通事故に遭った人に対して、様々な相談に乗ってくれます。しかも無料なので気軽に利用することができます。ここには経験豊かな相談員が常時控えていて、被害者やその関係者に対して、交通事故のあらゆる悩みや、解決方法などについて、分からないことはすべて答えてくれます。それだけでなく、被害者が今後行わなければならないことに対して、どのようにしたらいいか、そのやり方についても適切なアドバイスを与えてくれます。相談には直接相談所に出向くだけでなく、電話を使うことも可能です。何はともあれ、交通事故で困っている人はいつまでも1人で悩むのではなく、とりあえず交通事故相談センターにアプローチしてみてはいかがでしょうか。